女性が「頼りになる」と思える男性の特徴とは

【この記事を書いた人】
さき

どんなに勝気でも男勝りでも、女性はやはり女性です。

男性が女性の女らしいところにドキドキするように、女性も男性の男らしいところにドキドキしてしまいます。

特に女性から「この人頼りになるなぁ」と思ってもらえたら、その男性の株は急上昇! 一体頼りになる男性とはどんな特徴があるのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

女性には出来ないことが出来る

簡単に言うと「分かりやすい男らしさ」ですね。女性が中々出来ないことをやってくれる男性は頼もしく見えるものです。

個人差はあるものの、男性はやはり肉体的に女性より力強く頑健ですから、それを武器にして「頼りになる」と思ってもらいましょう。

荷物を持ってくれる

男性が手ぶらや小さなカバンで済む時でも、女性はほぼ必ずバッグを持っています。二人でデートの時や大勢で買い出しに行った帰り道、学校やオフィス等々…女性が荷物を持っていたら頼りにしてもらう大チャンスです。

女性がショッピングで購入する服や小物は、かさばる割に軽いことが多いのでハードルは低めです。ショッピングのビニール袋をひとつでも持ってもらえたら女性はとても助かることでしょう。

食材やオフィスの書類などは本当に重い物ですからハードルは上がりますが、それをヒョイっと軽々持ち上げて「別にそんな重くないじゃん」と言える男性は非常に頼りになります。

「重たいからいいよ!」「大丈夫だよ」と言われても、本当に大丈夫なのではなく、男性に気兼ねしていることが大半です。もし女性が遠慮がちな性格なら、「持とうか?」と聞くのではなく、黙って手を差し出すか「ほれ、寄越しなさい!」と冗談半分に言ってあげましょう。

ひとつだけ、荷物持ちをする時の注意点があります。それは、女性のハンドバッグ類まで持とうとしないことです。たまにハンドバッグさえ男性に持たせている女性を見ますが、あれではただのお嬢様と召使です。

女性のハンドバッグはファッションコーディネートの一部だったりしますし、男性に荷物全てを持たせた上に自分のバッグまで持たせていたら、周囲が彼女を見る目が冷ややかになることでしょう。妊婦やけが人ならともかく、女性の格を下げないためにも、ハンドバッグ類は持ってはいけません。

アウトドアで活躍

バーベキュー等、ガスバーナーで火おこしするのは大抵男性の役割です。女性は食材を切ったりしながら「○○くん凄いねー!」と遠巻きに眺めるのがお決まりでしょう。

ガスバーナーを使ったり炭で火おこしするなど危険を伴う行動や、テントを張ったりレジャーシートを固定する力仕事を難なくやってのける男性は、非常に頼もしく見えます。アウトドアの男性は活躍のチャンスですね。キャンプが趣味ならアピールしておきましょう。

ちなみに、同じアウトドアでもサバイバルゲームまで行くとちょっと引いてしまう女性が多いようです。彼女に理解があるかどうか、様子を見ながら小出しにした方が無難です。

リードやエスコートが上手い

人ごみでさりげなく盾になったり人避けになって先を歩いてくれたり、手を引いてもらうと、女性は相手を頼りになると思ってくれます。道幅が狭いところや車通りが多いところは、車道側を歩くだけでも頼もしく見えます。

さらにリードが上手な男性は、リードではなく「エスコート」になります。慣れないうちはぎこちなく不自然になるかもしれませんが、重たいドアは先回りして開けてあげたり、エレベーターで先に乗るように促したり、さりげないエスコートが出来る男性はとても素敵で頼もしいものです。

エスコート上級者になると、人ごみでのリードは手を引くのではなく腕を組むことが多くなります。実は腕を組むと女性をかばったり歩く時のリードがしやすくなるのです。

ベタベタと寄りかかって周囲を不快にさせるのはちょっと頂けませんが、自分の腕に女性の片手を添えてのエスコートは頼もしさ抜群。筆者がエスコート上手でビックリした男性は社交ダンス経験者でした、なるほど…。

女性に役立つことが出来る

こちらはちょっと現金な理由です。女性にとって役に立つスキルは、頼りになると思ってもらえるのです。これは知的なスキルも入ってきますので、筋力に自信がない人はこれで勝負しましょう。

家電の修理が出来る

家電好きな男性は多いと思いますが、最新家電のうんちくはハッキリ言って特に役に立ちません。掃除機や換気扇が不調な時サッと直せたり、テレビの配線が分からない時にすぐ繋いでしまう男性は頼りになると思ってもらえます。

筆者は壊れたプレステやゲームのコントローラーをはんだ付けして直してくれたオタクのクラスメイトを大変頼もしく思いました。本当にありがたく、三割増しで格好良く見えたものです。

パソコンに詳しい人も、例えそれがマニアックだろうと彼女の役に立つなら高ポイント。新しく購入した時の設定やちょっとしたトラブルを解決してくれたら、とても頼もしく思ってしまいます。

実は家事が得意

女性たるもの、料理くらいは男性に振る舞いたいと思っています。例え普段料理しなくても、ちょっとヘタでも、男性に食べさせたいと奮闘する女性は多いでしょう。

しかし、家事とは料理だけではありません。掃除や整理整頓、家具の配置換えまで家事のうちに入ります。男性が「料理は俺に任せとけ!」くらいの腕前なら、むしろお願いしたいかもしれません。

部屋や仕事のデスク上が綺麗な男性は、性別のギャップも相まって素敵に見えます。一人暮らし経験者は家事が出来ることをアピールしてみましょう。いざと言う時家事が出来るのはやはり頼りになります。力持ちは結婚した後のゴミ出しに期待されてしまうかもしれませんね。

数字や地図に強い

買い物でサッと暗算出来たり、仕事の時に素早く数字を出せる男性は頼もしく見えます。

もしデートの予定があるなら、行き先の場所はある程度調べて頭に入れておきましょう。

今は地図アプリも相当便利ですが、実は方向音痴でしたというオチでは格好がつきません。ある程度の地理を頭に入れておいた方が、断然頼もしく思ってもらえます。

意志が強い

意志が強いとは、決して頑固なことやワガママなことではありません。男性で残念なのは、意志の強さとプライドの高さが一緒になっている人が多いことです。勘違いしないよう気をつけつつ、男らしい意志の強さを持ちましょう。

仕事に熱意がある

例えフリーターでも平社員でも、自分の仕事に一生懸命な人はとても素敵です。もちろん業績や給料が伴えば言うことなしですが、頑張る姿勢は頼もしく見えることでしょう。

ただし、年が上がれば上がるほど、経済力を男の最大の頼もしさだと思う女性は(一部の男性には酷な話ですが…)確実に増えます。

決断力がある

行き当たりばったりで何をするにも女性任せではいけません。例えばデートプランや食事の店など、彼女にどこに行きたいか聞くばかりではなく、自分でもきちんとリサーチするようにしましょう。

複数の選択肢を用意しつつ、必要なシーンで迷いがない人は頼もしいものです。二人きりの貴重な時間、無駄にせず男らしくリード出来るように下準備をお忘れなく。

まとめ 最終的に「守ってくれる人」が一番

最後に、「頼りにならない男性」とはどんな男性なのでしょうか。それは、いざと言う時に自分の保身にばかり走る人です。

人は誰でも自分が可愛いですから、いざと言う時に自分の保身に走るのは仕方がないことかもしれません。それでも、女性のことを守ってみせる!という気持ちがあれば、それは女性にも伝わるのではないでしょうか。

筋骨隆々とした男性ばかりが「頼りになる」と思われているわけではありません。女性に対する優しさや気遣いがあれば十分勝負出来ます。

普段から自分のことばかりで精一杯な人は、ちょっと肩の力を抜いて周囲への気遣いをしてみましょう。そんな貴方を頼もしく思ってくれる女性がきっと現れるはずですよ。

The following two tabs change content below.
さき

さき

30代女性ライター。女性の本音を分かりやすく書いていく。
おすすめの出会いアプリ

おすすめの出会いアプリ

【1位】 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
年間10億円以上の宣伝費が投入されており利用者が多い。イベントもよく開催されている

【2位】 ワクワクメール

知名度の高い大手老舗サイト。カップリングパーティも開催されている

【3位】 YYC(ワイワイシー)

国内大手のマッチングアプリ