女性がエッチの時にされて嬉しいこと、嫌なこと

【この記事を書いた人】
シマ

女でも、1回エッチして「気持ちよかったな、またシたいな・・」と思う相手もいれば、中には「もうすることはないかな・・」と思う相手もいます。

今回は皆さんが「もうすることはないかな・・」なんて思われないように、女性がエッチの時にされ嬉しいこと、嫌なことについて、私なりに書いていきます。

男性と女性では感じるポイントが違う

男性と女性では根本的に感じるポイントが違います。

そして、それはそのまま満足感の違いとしてあらわれます。

エッチはベッドに入ってから、ではない

女性を満足させたければ、準備はホテルに入る前から。

多くの女性は「男性に大切にされている」とか「恥ずかしいのにこんなことされてる」という感情や想像力というアンプで感覚を増幅し、快感として受け取っています。

より女性を感じさせるためには、「どんな責めをするか?」も大切ですが、この想像力を増大させることが肝心です。

また、女性の満足度は「エッチで何回イッたか?」より、エスコートを含めてすべての総合点の高さであらわされます。エッチの内容だけ良くてもダメなのです。

エスコートするように自然と腰に手を添えてあげたり、頬をなでてあげたり。想像力の強い女性であれば、それだけでイッてしまうことだって本当にあります。

そして、そういった接触がのちのちのプレイ中の感度増大、満足感につながるのです。

すぐに服を脱がせない

エッチの時の話なのに、服を脱ぐところから? と思われるかもしれません。

しかし彼女は今日の為に精一杯のオシャレをして来ています。それは外から見える服もですが、下着だってそうです。ゆっくりと一枚一枚丁寧に脱がせてやり、下着姿もじっくりと鑑賞し、「かわいいね」「セクシーだね」などと一言かけてあげましょう。

これは彼女のオシャレという努力を褒めてあげるという効果と、相手に対して「今からエッチするんだよ」と気持ちを盛り上げてやる効果があります。彼女の感度のスイッチは早い段階から刺激していきましょう。

たくさん触ってあげる

ホテルに入る前ももちろんですが、ホテルに入ってから、服を脱いでからも、これは大切なポイントです。

フェザータッチだとかなんだとか、技術はこの際おいといて、とにかくたくさん触れてあげましょう。女性は「相手と触れ合っていたい」のです。

抱きしめるでも頭を撫でるでも、あなたの体温を分けるようなつもりで。性感帯というのは性器だけではありません。

足、背中、頭、あなたの熱を感じたすべての場所が性感帯になりえます。

おっぱいの扱いは丁寧に

男性が考えている以上に女性のおっぱいは敏感です。

特に乳首は生理周期などによっては服が擦れるだけで痛みを感じるほどになります。いきなりギューッ!とつねったり爪を立てたりしてはいけません。もちろん、おっぱいそのものもです。

男性も玉を柔らかく撫でられるのは気持ち良いですが、いきなりギュッ!とされたら腹が立ちますよね?

最初は柔らかく。慣れてきて女性がもっととねだってきたら、もっと強くしてもよいでしょう。

クンニは人による

かくいう私はクンニされるのが嫌いです。しかし、セックスを楽しむタイプの女性は、クンニ好きも多く、特にクリトリスをゆるゆると刺激されるのが好評です。

女性はクリトリス包茎の率が高いです。指でそっと剥いてあげると、ちいさな小豆のようなクリトリスが見えます。クンニの際はひらひらの部分より、こちらを刺激してあげましょう。

匂いや衛生面が気になるのであれば、シャワーを先に浴びればよいのですから、自分のペニスは舐めさせるくせに相手のおまんこは舐めたくない。なんてわがままは、やめてもらいたいです。

手マンはまず手のケアから

手マンはとにかく女性の内部を傷つけないことを最優先に考えなければなりません。内部に傷がつくと性感染症の原因にもなります。

その為にはせめて前日には爪をしっかりと切って、爪の中にゴミなんてないようにちゃんと清潔にしておきましょう。直前に切ると、逆に切り口が鋭利になるので、その際は中は触らないようにしましょう。

女性の膣の中は、口の中と同じような感じです。皮膚が薄く、いつもある程度湿った状態にあります。切ったばかりの爪でほっぺの内側を雑にガリガリしたら、それはそれはイヤですよね。

中を刺激する時は、優しく刺激しましょう。「とにかく激しく!」なんてAV脳の方は今時減っているとは思いますが、決してしてはいけません。女性を手マンで満足させるなら、むしろことさらゆっくり、さらさらと表面をなでるように刺激しましょう。

ちゃんと濡れているか

さて、いざ挿入というとき、濡れていないと本当に入れにくいですし、滑りが悪い痛みや出血の原因にもなります。

前述の通りちゃんと前戯をしていれば、大抵少しは濡れているものですが、中には体調や水分不足などで濡れが甘いことはままあります。

そういったときは、ローションを利用しましょう。最近はホテルに備え付けてあることも多くなりましたし、できればコンドームを買う時に一緒に用意しておくとよいでしょう。

いざ挿入

挿入時、男性によっては入れてすぐ動きたくてたまらないと思いますが、そこはぐっと抑えてください。

女性は感度が上がるのに時間がかかります。「揺さぶられるような激しいのが好き!」と言う子が相手でも、感度の上がる前から飛ばしていては、女性の感度がマックスになった時には男性の方が既にフニッシュだったりするのです(凄く遅漏だと言うなら話は別ですが…)

その為にも、挿入したまま激しくピストンしてみたり、ふと止めて、彼女のお腹をなでながら焦らしてみたり、抱きしめて耳元でささやいてみたりしてください。きっと女性の方からたまらなくなって腰をくねらせて来るでしょう。

そうなれば後はあなたが思うように、彼女を翻弄してあげましょう。

終わった後のケアも忘れずに

終わったと思った瞬間、女性をベッドに放置してひとりシャワーを浴びに行ったりしていませんか?

エッチの満足度でいえば、 この時間も女性はしっかりと採点しています。

ほんの少しの間で良いから、ベッドで一緒に横になり、抱きしめてあげましょう。どうにも汗が気持ち悪くて、早く流してしまいたいのであれば、そのまま女性の手をとって一緒に連れて行ってあげましょう。

一緒に洗いっこをするだけでも、女性はうれしいものです。

おおむね女性から好評なのが、一緒にシャワーを浴びた後、彼女をバスタオルで拭いてあげる事。甲斐甲斐しく世話をされるのは、男も女もうれしいですよね。

AVは基本的には男性の為のものですから、男性本位に制作されています。その為クンニは音ばかり立て、胸や乳首は揉みしだき、手マンは潮を吹かせ、挿入後はとにかくピストンです。

女優さんは気持ちよさそうにイクイクー!と痙攣して居ますが、ぶっちゃけ馴れた女性なら痙攣くらい演技でもできるのです。ついでにいうと潮を吹く=気持ちいいということもありません。女性の演技を見破るなんてまぁできるものではないのです。

つまり、いくら女性が良かったよ。と言っても信用してはいけません。しかし、リピートがつくのは違います。「またしたいな・・」というのは、気持ちよかった相手にしか言いません。

そして、これはエッチだけでなく、デートそのものもですが、分かれた後には1通だけでもメールをしてあげましょう。「良かったよ」とか「あのあと出血とかなかった?」など。

こういった気遣いができる男性は、少なくとも「もうすることはないかな・・」などとは思われないのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
シマ

シマ

20代女性ライター。出会い系経験やSM経験があり、その経験をもとに具体的な記事を書いていく。
おすすめの出会いアプリ

おすすめの出会いアプリ

【1位】 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
年間10億円以上の宣伝費が投入されており利用者が多い。イベントもよく開催されている

【2位】 ワクワクメール

知名度の高い大手老舗サイト。カップリングパーティも開催されている

【3位】 YYC(ワイワイシー)

国内大手のマッチングアプリ