30代の女性と出会い、彼女・セフレにする方法

【この記事を書いた人】
ユースケ(管理人)

今回は30代の女性と出会い、彼女・セフレにする方法について書いていきます。

「30代の女性の探し方」
「30代の女性を食事やデートに誘うコツ」
「30代の女性をホテル等に連れて行くコツ(セックスする方法)」

などについて、私の実体験も交えながら、具体的に書いていきたいと思います。

30代の女性の探し方

まずは30代の女性の探し方について書いていきます。

さて、30代の女性の探し方ですが、これはもう出会い系が一番手っ取り早いです。

出会い系を利用する利点としては下記が挙げられます。

・検索機能が充実している
→ 女性の地域や年齢、身長や体型などを絞って検索できます。
・女性も基本的には出会いを求めている
→ 連絡先をゲットしやすく、食事やデートにも誘いやすいです。
・複数の女性に次々とアプローチしやすい
→ 実生活と関わりのない相手で、共通の友人知人もいないためです。

女性が出会い系を利用する理由は様々です。ヒマだったり、寂しかったり、彼氏と別れた直後だったり、浮気をしたかったり、SMパートナーを探していたり……いずれにせよ出会いを求めている女性が集まっています。出会いを求めている女性は、やはり彼女やセフレ、SMパートナーにもしやすかったりします。まあ、中には売春目的の女性もいたりしますが。

30代の女性が出会い系を利用する主な理由は、下記の通りです。

・結婚願望があり、彼氏や結婚相手を探している
→年齢的な焦りなどから出会いを求めている
・セフレやSMパートナーを探している
→30代の女性は10代・20代より性欲が増しやすい
・浮気・不倫相手を探している
→旦那への不満や飽き、浮気願望などがある
・10代~20代の頃のように男性からチヤホヤされたい
→寂しさなどから出会いを求めている

正直、出会い系を利用している30代の女性はセックスしやすいです。よく言われる話ですが、10代~20代の女性より、30代の女性のほうが性欲は強い傾向にあります。これは私の経験からも間違いないと思います(もちろん個人差はありますが)。10代~30代の中で、一番セックスしやすいのが30代の女性だと実感しています。

ちなみに私は20代後半で童貞を卒業しましたが、そのときの相手も30代前半の女性でした(詳しくはこちらの記事に書いています)。もし童貞(あるいは素人童貞)の男性なら、30代の経験豊富な女性と出会うのが最も「脱童貞率」が高いと思います。

今回の記事では、主に出会い系で30代の女性を探す方法について書いていきます。

具体的にはPCMAXという出会い系のプロフィール検索を使用して、30代の女性を探します。

プロフィール検索では、上記のように様々な条件を指定して検索することができます。

30代の女性を探したい場合は、まず女性の年齢を30歳~39歳に絞ります。30代前半狙いで30歳~34歳にしても良いと思います。あと私の場合、関西なので、地域も滋賀、京都、大阪に絞ります。これで検索をかけると、近場の30代の女性が一覧表示されます。

※顔写真、名前にはぼかしを入れています。

検索をかけると、数多くの女性会員がヒットしました。PCMAXは老舗かつ大手の出会い系で、年間10億円以上の宣伝費をかけていることもあり、女性会員の数も非常に多いです。

プロフィール検索では、他にも身長体型利用目的職業などでも女性を絞ることができます。

特に役立つのは利用目的という項目です。利用目的とは、PCMAXを利用する目的のことで、男女ともにプロフィールを作成するときに設定します。

※プロフィール検索の「利用目的選択」欄

この利用目的には「セックスフレンド」「SMパートナー」といった選択欄もあります。プロフィール上でPCMAXの利用目的を「セックスフレンド」「SMパートナー」にしている女性を一覧表示できるというわけです。つまり、比較的エッチな女性を探しやすいです。

30代の女性はただでさえ性欲の増している女性が多いですが、その中でも利用目的を「セックスフレンド」や「SMパートナー」にしている30代の女性は、特にセックスしやすい傾向にあります。

また、利用目的を「不倫・浮気」にしている女性や、職業を「主婦」にしている女性を検索すると、30代の主婦(つまり人妻)も探しやすくなります。30代の主婦で出会い系を利用している女性は、正直かなりセックスしやすいです。行為中の背徳感も物凄いです。

ただ、相手は人妻ですので、肉体関係を持った時点で不倫(不貞行為)です。旦那にバレた場合の民事的なリスクもあります。もしそういったリスクを負いたくない場合は、普通に未婚の30代の女性を探したほうが良いでしょう。

プロフィール検索では他にも、エッチ度で女性を絞ることもできます。エッチ度も男女ともにプロフィール作成の時に設定するもので、「まだ未経験です」「奥手だし下ネタもNG」「奥手だし苦手です」「奥手だけど興味あり」「普通だし気持ちが大切」「普通だけど相性は大事」「普通だけど刺激が欲しい」「積極的で好奇心旺盛」「積極的で経験豊か」という選択項目から一つを選びます。

下ネタが苦手な女性はエッチ度を低くし、エロトークが好きな女性はエッチ度を高くしている傾向にあります。下ネタが苦手な女性にとっても役に立つ項目というわけです。

30代前半の女性で、エッチ度を「普通だけど刺激が欲しい」「積極的で好奇心旺盛」「積極的で経験豊か」にしている女性も、やはりセックスしやすいです。

ただ、一つ注意点があります。プロフィールがエッチすぎる女性の中には、売春目的の女性もいます。利用目的を「セックスフレンド」等にしていたり、エッチ度を高くしている女性の中にも、売春目的の女性はいたりします。また、主婦の中にも売春相手を探している女性はいます。

そういう女性にメッセージを送ると、「苺でどうですか?」(=15000円でセックスしませんか)などと価格交渉が始まります。30代の女性なら、10代~20代より相場は安くなる傾向にあります。18歳以上の女性を買春しても犯罪にはなりませんが、私は普通に出会いを求めている女性を探すようにしています。

30代の女性の連絡先(LINEなど)をゲットする

私は過去に、出会い系で30代の女性と知り合ったことがあります。そのときの体験談をしたいと思います。その方がより具体的・実践的に30代の女性と知り合う方法が分かると思います。

当時、私はプロフィール検索を行っていました。女性の地域を滋賀、京都、大阪に絞ったうえで、特に条件を指定せずに女性達のプロフィールを眺めていました。

そこで、35歳の気になる女性を見付けました。

【女性の情報】
35歳の女性。京都住み。
顔写真は目を隠している。
職業はOL。
利用目的に「セックスフレンド」。
仕事終わりの癒しを求めている。

女性の年齢は(当時の)私より年上でした。顔写真は目の部分を隠していましたが、なんとなく良いと思える雰囲気でした。利用目的に「セックスフレンド」が含まれていることから、そういう相手も探しているようです。

普段は10代後半~20代前半の女性にアプローチすることが多いのですが、たまには年上のお姉さんにもアプローチしてみようと思い、メッセージを送ってみました。

「初めまして。○○さんのプロフィールや写真がとても素敵だと思い、メールしました! 仕事終わりに癒しを求める気持ち、凄く分かります。俺も仕事で疲れたときなど、誰かと一緒にいて癒されたいと思うことがあります。今は相手がいないのでネコの動画を観たりしています。笑 ○○さんは癒されたい時ってどんなことをしていますか? もし宜しければお返事ください!」

今回の最初のメッセージでは「挨拶」「何かしら褒める」「相手のプロフィールの掘り下げ」「一つ質問する」といったことを意識しています。「相手のプロフィールの掘り下げ」に関しては、もし相手に趣味や関心事があるようなら、それに触れるのが手っ取り早いです。日記を書いている女性なら日記の内容を掘り下げるのもアリです。

また、相手がセフレを求めているような比較的エッチな女性であっても、最初は紳士的なメッセージのほうが好印象です。

他の気になる女性達にもメッセージを送りつつ、返事を待ちます。

今回は趣味などに具体的に触れているわけでもないですし、この35歳の女性から返事が来るかどうかはビミョーかと思っていたのですが、ちゃんと返事が来ました。

「初めまして。プロフィールや写真を褒めて下さり、ありがとうございます。猫ちゃんの動画、私も時々観ますよー。癒されますよね。私が癒されたいときはお風呂に入りますね。たまに岩盤浴にもいきます。あと、私がクヨクヨしやすいタイプなので、明るくて優しい男性の方と一緒にいると癒されます」

こんな感じで返ってきました。これをもとに2通目を考えます。

「お返事、ありがとうございます!お風呂は癒されますよね!岩盤浴もリラックスできそう!まだ行ったことはないので一度体験してみたいなと思っています。明るさと優しさなら自信があります!!(←唐突な立候補) 俺も優しい女性と一緒にいるときに凄く癒されます。プロフィールを読んでいて、○○さんは優しそうな女性だと思い、そういうところも魅力的で惹かれました!」

「明るくて優しい男性」という言葉が相手の返信にあったので、少し明るさを意識した内容にしました。多少は相手の好みに合わせたほうが親しくなりやすいです。もっとも無理してまで相手に合わせる必要はないですが。

「ユースケさんは滋賀にいらっしゃるんですよね?滋賀なら雄琴のあがりゃんせの岩盤浴も良かったですよ。立候補されちゃいましたねw 魅力的だなんて・・・こんなおばさんを口説いてどうするつもりなんですか?」

うーん、なんかエロいです。さすが「セックスフレンド」を利用目的に含めている30代半ばの女性だけあります。あと細かい点ですが、向こうが「笑」ではなく「w」を使ってきたので、以降こちらも「w」の方を使うようにします。というわけで3通目を送ります。

「雄琴のあがりゃんせは昔行ったことがあります!○○さんも行ったことあるんですね!岩盤浴も行っておけば良かった…(゜□゜;) 全然おばさんだなんて思っていません!お姉さんです!それに年上の女性って素敵だと思います。正直、○○さんのことをめっちゃ口説きたいです!!」

とりあえず30代の女性が「おばさん」を自称したら否定するのが鉄板です。

「えーなんで岩盤浴にいかなかったんですか!(怒っている絵文字) 次行ったときは必ず体験してくださいね。私のこと、そんなに口説きたいんですか?w でも男の人はがっつき過ぎてもダメなんですよ? お姉さんって・・・なんだかユースケさんって可愛いです(ハートの絵文字)」

うーん……年上お姉さん、イイ! 傍から見れば「30代の男女がどんな会話しとるんじゃ」と思われそうですが、どうか許して下さい。

ただ、いつまでもPCMAXのメッセージ上でやり取りをしているわけにはいきません。

大手出会い系はどこもそうですが、男性から女性にメッセージ送信するのに一通あたり数十円かかるからです。PCMAXの場合、メッセージ送信は一通50円かかります。メッセージの受信は無料です。ついでに女性は完全無料で利用できます。

なので、なるべく早めに女性の連絡先(LINEや携帯メール)をゲットする必要があります。LINEなどに移行したら、当然ですがもう料金は掛かりません。

私の場合、連絡先交換は4通目~5通目に提案することが多いです。とりあえず次の4通目で連絡先交換を提案してみます。

「岩盤浴、次は行きます!!そして報告しますw がっついちゃ駄目なんですけど、○○さんは魅力的すぎてがっつきたくなります…。会話も凄く楽しいですし、もしよかったらLINEか携帯メールのほうでやり取りしませんか? LINEならスタンプも使えて、文字制限もないので! 俺のLINE IDは△△です。こちらにお返事頂けたら嬉しいです!!」

連絡先交換を提案するときは理由も付けておくといいです。たとえばLINEなら「スタンプも使える」などです。また、PCMAXのメッセージ機能には一通あたり500文字以内という文字制限があるので、LINEや携帯メールなら「文字制限がない」ことも理由にできます。

また、LINE IDやメールアドレスについては相手に書いてもらうのではなく、「LINE IDは△△です」と自分から書くようにします。相手に「教えて下さい」といってLINE IDやメールアドレスを書かせるのは無駄に警戒させてしまう恐れがあります。

上記のやり方でも連絡先交換に応じてもらえない場合は、「男性はメッセージ送信にお金が掛かる」と素直に伝えるのもアリです。女性は無料なのでそもそもこちらの事情を知らない可能性もあります。ケチだと思われるかもしれませんが致し方ありません。それでも連絡先交換に応じてもらえない場合は、残念ですがその女性は諦めましょう。お金がもったいないです。

まあ、メッセージがある程度盛り上がっていれば、大抵の女性はちゃんと応じてくれます。相手も基本的には男性との出会いを求めている女性ですので(中には売春目的の女性もいますが)。

そして、お姉さんもLINEに返事をくれました。これで相手の連絡先をゲットです。もういくら連絡し合っても料金は掛かりません。

今回はメッセージ送信4回で200円(50円×4回)に、あと詳細プロフィールの閲覧に10円かかるので、計210円でお姉さんの連絡先をゲットできました。

上手くいけばこのように300円程度で連絡先をゲットできます。ただ、中にはメッセージを送信しても返事のない女性や、連絡先交換に応じてくれない女性もいます。また、連絡先交換をしても必ず実際に会えるとは限りません。そういう上手くいかなかった女性の分を考慮すると、私の場合、一人の女性と実際に会えるまでに掛かる費用は平均1000円くらいです。

なお、PCMAXは完全前払いの課金制(ポイント購入制)です。たとえば「今月は1000円だけ課金しよう」と決めたら、1000円分のポイントを購入するという感じです。忙しいときや乗り気でないときは、課金せずに(ポイント購入せずに)放置しておけば1円も掛かりません。入会費や維持費も無料です。ソシャゲに課金するのと同じ感覚です。

私の場合、やる気のある時は3000円ほど課金して、やる気のない時は一切課金しないという感じです。

tinamini2
30代の女性のLINE利用率は?

総務省 情報通信政策研究所(IICP)の調査によると、LINE利用率(2016年)は、女性全体で70.4%(744人中)、20代の女性で98.1%(106人中)、30代の女性で94.7%(131人中)、40代の女性で79.9%(154人中)だったようです。

この総務省の調査をもとに考えると、30代の女性の多くがLINEを使用していると推測できます。ただ、もし相手がLINEを利用していない場合は、携帯メールやPCメール、フリーメールなどを交換すると良いでしょう。

30代の女性を食事やデートに誘うコツ

連絡先を交換したあとは、食事やデートに誘うことを考えます。

食事やデートに誘うときに重要なのは積極性です。

相手は出会い系で知り合った女性です。相手も基本的には出会いを求めています。なので積極的に誘えばOKです。もし断られても構いません。日をあけてまた誘います。積極的に誘うとはそういうことです。

何度誘ってもどうしてもダメそうな女性なら、残念ですが、次の女性にいくだけです。ただ、LINEやメール、電話などで話が盛り上がっていたら、大抵の女性は何回目かの誘いで応じてくれるものです。もちろん一回目で応じてくれる場合も多いです。

お姉さんは「男の人はがっつき過ぎてもダメ」と言いましたが、出会い系で知り合った女性の場合、少し強く求めるくらいのほうが何だかんだで喜ばれたりします。やはり出会い系には日常的に寂しさなどを感じている女性も集まりやすいので。

さて、お姉さんからLINEのほうに返事が来ました。

LINEでのやり取りを続けていると

「ユースケさんは私のことを口説いて、私をどうするつもりなんですか?さっき答えてくれませんでしたよね。はぐらかさないで、ちゃんと答えてください(ハートの絵文字)」

と言われました。やっぱりこのお姉さん、なんかエロいです。言葉責めとか好きそうです。はぐらかしたつもりもなかったのですが、確かに答えていませんでした。マイルドな表現で「イチャイチャしたい」にしておきました。

「ユースケさん、今LINEで電話できますか?」

こんな返事でした。なんか怖いです。ただ向こうから電話の提案があったのはラッキーでした。いつもはこちらから提案することが多いので。

電話をすると、相手は少しお酒を飲んで酔っていたようでした。酔い気味のお姉さんの声は甘ったるい印象で、少しエロく感じました。

電話では「イチャイチャって具体的にどういうことですか?」「ちゃんと答えなきゃダメって言ったでしょ?」「私と何がしたいんですか? 口に出して言いなさい」という風に言われました。このお姉さん、ちょっとSな気がします。

最終的に「セックスしたい」と半ば強制的に言わされると、「ようやくちゃんと言えたね?」「でも、まだ会ったこともないのにダメだよ」と言われました。ええー…。お姉さんは私の声のトーンから察したのか「ユースケさんしょんぼりしてるー。可愛い」と笑っていました。

ただ、ここは誘って良い局面だと思い「○○さんと会いたい」と伝えました。相手は「良いですよ」と簡単にOKを出してくれました。「まずは一緒にご飯たべよ?」「セックスはもっとお互いのことを知ってからね?」と言われました。こんなことを言われたら「はい」としか返せません。

こういう流れでお姉さんとの食事の約束は取り付けることができました。正直、今回は相手がセフレを求めているような比較的エッチな女性で、なおかつ積極的な年上の女性ということもあり、あんまり参考にならないかもしれません。ただ一応、上記の流れでも「相手とのLINEや電話での会話が盛り上がっているときに誘うとOKを貰いやすい」という点はおさえています。

ここで、普通の30代女性のデートの誘い方についても触れておきます。

相手が10代~20代前半の女性の場合なら、金欠気味であったり、まだ奢られ慣れていない女性も多かったりします。そのため焼肉屋、寿司屋、フレンチといった「少し高そうなイメージ」のお店に「奢り」を明言したうえで誘うと、食いつきやすい傾向にあります。なお、実際に高級店である必要はありません。私の場合、大抵はリーズナブルな店に行きます。それでも普段よりは高くつくので、本命の女性に限りそういった店に誘います。

相手が20代後半の女性の場合も、10代~20代前半の女性と同様の考え方が可能です。ただ、10代~20代前半の女性と比べますと、金銭的に余裕のある女性や、健康志向の女性なども増えてきます。そういう女性に対しては、相手の好みの料理ジャンル・お店などに誘うほうが反応良いときもあります。

そして、相手が30代の女性の場合、基本的には相手の好みの料理ジャンル・お店などに誘うようにしています。相手の好みをちゃんとリサーチしたうえで(たとえばアレルギーが無いか等も聞いたうえで)誘うと、「自分のことを考えてくれている」と喜んでくれやすいです。

女性も30代になると、やはり10代~20代の頃ほどは男性からチヤホヤされなくなってきます。今までお姫様扱いされてきた女性も、段々とされなくなってくる年頃です。これは主婦にも当てはまります。そのため食事やデートに誘うときも、あたかもお姫様のように色々と気遣ってあげると、それだけで喜んでもらえたりします。こちらは執事の気分です。

ただ、相手も出会い系を利用しており、出会いを求めている女性ですので、あれこれ考えずに直球で「ご飯にいこう」「飲みにいこう」「会ってみたい」等と誘っても全く構いません。それでOKが出ることも普通にあります。

30代の女性は、よほどの美人は別として、だんだんと男性から誘われる機会も減ってきます。特に出会い系を利用している30代の女性は「寂しい」「チヤホヤされたい」と感じている傾向があります。なので、どんどん積極的に食事やデートに誘っていきましょう。別に断られても構いません。また日をあけて誘うだけです。女性は押しにも弱い傾向があります。何度誘ってもダメな女性なら、残念ですが次にいくだけです。

30代の女性をホテル等に誘うコツ

女性と食事やデートの約束ができたら、次はいよいよホテルに誘うことを考えます。

私の経験としては、30代の女性の場合、一回目のデートでホテルにいけることも多いです。反対に10代後半の女性などは、私の場合、一回目は健全なデートで終わることも多いです。

30代の女性の場合、一回目でお持ち帰りしやすいのは、やはり相手も性欲が増している傾向があるからだと思います。特に30代の中でも比較的エッチな女性の場合は、向こうからさりげなく求めてくることもあります。もちろん中にはガードの固い女性もいますし、お互いの関係(どれだけ親しくなれたか)にもよります。

さて、今回のお姉さんの話に戻します。「まずは一緒にご飯たべよ?」とのことでした。

電話の際に、相手に食べたいものがあるか聞いてみたところ、「居酒屋で良いですよ」とのことでした。相手は電話中もちょっと酔っていましたし、お酒も好きなのかもしれません。

相手が京都住みなので、繁華街である四条河原町のあたりで一緒に飲むことにしました。ちなみにその辺りには歩いていける距離にラブホやホテルがチラホラあるので、そのあとの展開を考えるなら良い場所です。

そして、デート当日。

駅近くでお姉さんを待ちます。今回は30代半ばの女性で、プロフ写真では目を隠していたので、どのような女性が来るのかドキドキです。

そして、待ち合わせ場所に女性が来ました。

相手は、私の中では普通に(良い!)と思えるお姉さんでした。美人といえるかは人によると思いますが、素朴で可愛い普通のお姉さんという印象で、なんというか電話中のエロエロモードのときのお姉さんとのギャップがありました。

なお、こちら側としては、とりあえず清潔感と明るめの雰囲気を意識すればOKです。特に重要なのは清潔感です。私は正直なところあまり顔は良くないですが、清潔感があれば、あとは会話や内面次第で女性に好意を持って貰うことは可能です。

清潔感の作り方
・ヒゲは剃る(もしくは整える)
・ヨレヨレ、シワシワ、汚れのある衣類は避ける
・髪や肌は脂切らないよう気を付ける
・寝癖は直す
・口臭に気を付ける(半年に一回ほど歯医者で歯石取りオススメです)
・爪は切る(女性は手や爪を結構見てきます)
・鼻毛も忘れずにチェック

女性と合流できたので、あらかじめ予約していた居酒屋に向かいます。

女性と実際に会ったあとは、ちょいちょいと褒めることも大切です。

先ほども書きましたが、特に30代の女性はお姫様のように扱うと好印象を持たれやすいです。私はまず会ってすぐに「すごく綺麗ですね」と伝えました。相手は笑いながら「ありがとう」と返してくれました。また、身に付けているネックレスも綺麗に感じたので、会話の合間に「ネックレスもとても綺麗ですね」と言ったりしました。「えー安物だよー?」「全然そうは見えないですよ。どこで買ったんですか?」という会話にも繋がりました。

そんな感じで色々と会話していると、予約していた居酒屋に着きました。居酒屋は完全個室の部屋を予約していました。照明が少し暗めの暖色系で、良いムードの部屋です。そのほうが女性とも良い雰囲気になりやすいからです。

ただ、お姉さんには魂胆を見抜かれたのか、個室に入るやいなや、「ユースケくん、予約した時に個室を取ったの?」「あ、はい」「そうなんだー。どうして個室にしたの?」とニヤニヤしながら言われました。いつのまにか「くん」付けです。しかも話をするときに少し顔を近づけてくるので、それだけでちょっとムラムラします。「いやー、ゆっくり話すために」と言うと、相手は「そうなんだー」とニヤニヤしていました。

居酒屋ではお酒を飲みながら食事をしました。

食事が落ち着いてきたら、今度はお酒を片手に会話です。

お姉さんは酔ってくると、やはり少しエロモードに入るようです。あと絡み酒にもなる感じです。

「私の第一印象、どう思った?」
「凄く綺麗な方だと思いました」
「本当にそう思った?」
「はい」
「本当かなー?」
「本当ですよ!」

こんなやり取りをしたあとに、

「じゃあ、ちょっとこっち来て」
「あ、はい」
「待って、やっぱり私が行く」

こんな感じでお姉さんが横にきました。

女性から横にくるケースは珍しいです。私の場合、通常はこちらがお手洗いなどに行った帰りに、「こっちのほうが話しやすい」といった理由で横に座ったりします。横並びのほうが親密な会話やスキンシップもしやすくなります。

お姉さんは私の横にくると、顔を近づけて小声で話してきました。

「じゃあ、このあとどうするの?」
「え」
「このあと、私と何かしたいことある?」
「あー」
「ちゃんと答えて?」

完全にエロモードのときのお姉さんです。顔は近いですし、声もエロいですし、良い匂いはしますし、こちらも少し酔っていますし、もうどうにでもなれって感じでした。

「私と何したい?」
「その、セックスしたいです」
「誰と?」
「○○さんと…」
「そうなんだー」(笑顔)
「今日会ったばかりなのに、私としたくなったの?」

こんな感じでひたすら言葉責めをされました。お姉さんは酔ってくるとやはりエロいです。

また、「ユースケくんってMだよね」ともお姉さんに言われました。(すみません、実は出会い系で知り合ったM女性のご主人様とかした経験もあり、普段は結構Sなんです)…とは言えませんでした。まあ、相手によってもSかMか変わったりするものです。お姉さんはやはりどちらかといえばSのようです。特にMっぽい男性をいじめるのが好きなようです。

そんな風に居酒屋で過ごしていると、お姉さんに「じゃあ…そろそろ行く?」と言われたので、お店を出てホテルに向かいました。

ラブホの部屋に入ってすぐ、お姉さんのおっぱいに顔が埋まるような形でギューッとされました。服の上からですが、おっぱいの柔らかさがよく伝わってきて大興奮しました。

お姉さんはそのまま上着やブラを脱ぎ、おっぱいを見せてくれました。着衣のときはよく分かりませんでしたが、Dカップくらいはある気がしました。そして、またおっぱいに顔が埋まる形でギューッとしてくれました。頭を撫でられながら「舐めて」と言われたので、乳首を舐めたり吸ったりしました。お姉さんは少し声を出しながら感じていました。

そのままお互い全裸になり、シャワーにいきました。シャワー中もイチャイチャして、ようやくベッドです。ベッドの上でもお姉さんにリードされる形でした。いつもは年下の女性が相手なので、自分がリードしたり主導権を握ることが多いのですが、たまにはリードされるのも良いものです。

挿入のときは「ゴムつける?」と聞かれました。その言い方に(付けなくてもいいのかな?)と思いましたが、私は一応「はい」と答えました。

ラブホの備え付けでも良かったのですが、カバンから持参のゴムを持ってくると、お姉さんは「ゴム持ってきてたんだー。えらいねー」と頭を撫でてくれました。当時の私も30代前半でいい大人だったのですが、お姉さんには甘えたくなる魅力がありました。

そんな感じでセックスをしました。良い初デートとなりました。

お姉さんとはその後も何度か会い、セックスをしました。相手に結構願望はなく、恋人もいませんでした。ただ、ある日「彼氏できちゃった」という報告があり、それ以降は疎遠になりました。今はもう結婚しているかもしれません。

さて、今回お姉さんとホテルに行けたのは
・30代半ばの女性だった
・セックスフレンドを求めていた
・あらかじめ電話でエッチな会話が出来ていた
ということも大きかったと思います。

30代の女性は性欲が高まる傾向にあり、比較的エッチな女性も多いので、最初からそういう女性を狙うのもアリだと思います。

一応、普通の30代の女性をホテルに誘う場合の話もしておきます。

その場合は、まずは完全個室のお店などで、お酒を飲みながら恋愛トークをするという戦略が有効です。

「恋愛トークなんてできない」という場合は聞き役に徹すれば問題ありません。30代の女性なら過去に恋愛経験のある場合が多いですし、そうでなくても初恋や過去の片思いの話、SかMかなどで盛り上がることは可能です。ちなみに主婦が相手の場合は旦那トークもアリです。大体の場合において、旦那の愚痴が出てきます。まあ、主婦が出会い系を利用するときは、旦那に不満を感じているときが多いので。

そして、お互いちょっとほろ酔いになってきたら、恋愛トークや旦那トークから、エロトークに繋げます。たとえば過去の彼氏や旦那との夜の話、プレイ中に嫌だった行為、プレイ中にして欲しいと思う行為の話などです。

30代の女性は、10代~20代の女性と比べると下ネタにも寛容な傾向があり、エロトークもしやすいです(特に出会い系を利用している女性の場合)。まあ下ネタが苦手な女性は、PCMAXのプロフィール上のエッチ度を「奥手だし下ネタもNG」「奥手だし苦手です」などに設定しているので、その時点で判断はできます。

エロトークで盛り上がり、相手の意識がやや性的になっているときに、少しスキンシップ・イチャイチャをはかります。たとえば相手の手を取って「小さくて可愛い手ですね」といったりします。相手が本気で拒否するようならやめますが、抵抗されないなら次に頭を撫でたりします。こんな感じでスキンシップをしておくと、ホテルにも連れていきやすくなります。ただ、完全個室であることが前提です。カラオケ屋などもアリです。

上記の流れをまとめると、「完全個室で二人きりになる」→「お酒を飲んでその場を楽しむ」→「恋愛トークやエロトークをする」→「スキンシップやイチャイチャをする」→「ホテルに連れていく」という流れになります。ホテルに連れていけるかどうかは、それまでの過程で決まるといっても過言ではありません。

私の場合、普段は上記の流れで女性をホテルに誘うことが多いです。まあ、今回のお姉さんは全然違う流れでしたし、臨機応変ではありますが。今回のように相手が比較的エッチな女性の場合、LINEや電話であらかじめエロトークをしておくと、ホテルに行きやすくなると思います。

まとめ

以上が30代の女性と出会い、彼女・セフレにする方法です。

30代の女性を探す場合、まずはPCMAXプロフィール検索などで、女性を探してみてください。

プロフィール検索で比較的エッチな30代女性を探す場合は、下記の方法がオススメです。

・利用目的を「セックスフレンド」「SMパートナー」などにしている
・エッチ度を「普通だけど刺激が欲しい」「積極的で好奇心旺盛」「積極的で経験豊か」にしている
・利用目的を「不倫・浮気」にしたり、職業を「主婦」にしている(不倫願望のある女性)

もっとも、プロフィールがエッチ過ぎる女性の中には、売春目的の女性もいます。18歳以上の女性を買春しても犯罪ではないですが、私は普通に出会いを求めている女性を探すようにしています。売春目的かどうかは、出会い系を利用しているうちに判別がつくようにはなってきます。

プロフィール検索などで女性を探し、気になる女性がいたらメッセージを送ってみましょう。そして、なるべく早めに連絡先(LINEや携帯メール)をゲットすることを目指します。

連絡先をゲットしたら、あとは食事やデートに誘います。そのときの重要なのは積極性です。相手も出会いを求めている女性です。積極的に誘っていきましょう。何度誘ってもダメな女性なら、残念ですが次にいくだけです。

最初はひたすら経験を積むことも大切です。経験を積めば積むほど、会話やデートも上手にこなせるようになってきますし、相手の女性ともセックスできるようになってきます。また、たとえ思うようにいかなかったとしても、その経験は必ず今後の糧になります。ぜひ経験を積んでいってください。

The following two tabs change content below.
ユースケ

ユースケ

当サイトの管理人。30代。PCMAXを長年愛用している。
おすすめの出会いアプリ

おすすめの出会いアプリ

【1位】 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
年間10億円以上の宣伝費が投入されており利用者が多い。イベントもよく開催されている

【2位】 ワクワクメール

知名度の高い大手老舗サイト。カップリングパーティも開催されている

【3位】 YYC(ワイワイシー)

国内大手のマッチングアプリ