出会い系サイト規制法とは。出会い系で年齢確認(年齢認証)が必須な理由

【この記事を書いた人】
ユースケ(管理人)

出会い系サイトに登録した後は、通常、年齢確認(年齢認証)を要求されます。年齢確認を済ませていない場合は、その出会い系の利用を一部制限されるのが普通です。

たとえば私が普段利用しているPCMAXの場合も、年齢確認があります。PCMAXの場合、「クレジットカードで年齢確認する」「写真を送信して年齢確認する」の二通りです。

※「写真を送信して年齢確認する」というのは、身分証明書(運転免許証や健康保険証など)の写真を送信するということです。PCMAXの場合、必要な情報は「生年月日(年齢)」「証明書の種類」「証明書の発行者名(公的機関名)」なので、氏名や住所、顔写真は隠しても問題ありません。

若干面倒に感じますが、この年齢確認は、出会い系サイト規制法という法律によって義務付けられていることです。

出会い系サイト規制法により、インターネット異性紹介事業者(出会い系サイト等の事業者)は、児童(18歳未満の男女)が出会い系を利用しないように努めなければなりません。そのため、18歳以上かどうかを判別するために、クレカや身分証による年齢確認が必要となります。

なので、年齢確認の必要がある出会い系は、法律による年齢確認義務を遵守しているサイトともいえます。一方、悪質な出会い系サイトの多くは、この年齢確認がありません。法律を守る気がないからです。

今回はそんな出会い系サイト規制法や年齢確認について掘り下げていきたいと思います。

出会い系サイト規制法とは。その内容と必要性

まずは出会い系サイト規制法について説明したいと思います。

出会い系サイト規制法というのは通称です。正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」と言います。

この法律の目的は、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を性交等の相手方となるように誘引する行為等を禁止するとともに、インターネット異性紹介事業について必要な規制を行うこと等により、インターネット異性紹介事業の利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護し、もって児童の健全な育成に資すること」(第1条)です。長いですね。

また、「インターネット異性紹介事業者は、その行うインターネット異性紹介事業に関しこの法律その他の法令の規定を遵守するとともに、児童によるインターネット異性紹介事業の利用の防止に努めなければならない」(第3条)ともあります。

「インターネット異性紹介事業」とは「出会い系サイト等の事業者」のことです。
「児童」とは「18歳未満の男女」のことです。

要するに、児童(18歳未満の男女)の保護や健全な育成のため、出会い系サイト等の事業者は、児童が出会い系サイトを利用しないよう努めなければならないという法律です。

児童が出会い系サイトを利用できるとなると、児童買春される可能性も出てきますし、児童自身が援助交際などを行う可能性もあります。そういった可能性を減らすための法律です。

たとえばPCMAXのバナーやサイト内には「18歳未満の方は利用できません」と書かれています。これも「児童による利用禁止の明示」と呼ばれるもので、出会い系サイト規制法の施行規則に関係しています(施行規則 第3条)。ちなみに年齢確認をクレカや身分証で行うことも、出会い系サイト規制法の施行規則のほうで定められています(施行規則 第5条)。

出会い系サイトの利用者としては若干面倒な年齢確認ですが、それは「その出会い系サイトが法律を遵守しているかどうか」の一つの判断基準にもなるわけです。

私の経験からいっても、年齢確認(年齢認証)のない出会い系サイトはその時点でアウトです。悪質な出会い系サイトである可能性がほぼ100%です。最初から法律を守る気が無いからです。登録すると、迷惑メール、架空請求、悪質サイトへの同時登録、サクラしかいないなど、なんでもありです(まあ全部無視すれば良い話ですが)。もちろん、そんな悪質な出会い系サイトに女性はいませんし、出会うこともできません。

つまり「年齢確認がない出会い系 → 悪質な出会い系」といえます。

一方で「年齢確認がある出会い系 → 悪質でない出会い系」とは必ずしも言えません。
中には「わざわざ年齢確認を用意している悪質な出会い系」もあるからです。手の凝っていることです。

その出会い系がまともであるかどうかは、より総合的に判断する必要があります。まあ私としてはPCMAXを利用するのが一番だと思います。他には、YYC、ワクワクメールなどですね。結局、大手で老舗の出会い系を利用するのが安全です。もちろん、上記の出会い系は全て年齢確認(年齢認証)があります。

なお、年齢確認は、出会い系に登録する時点では要求されないことが多いです。出会い系に登録した後に、一部機能=異性と連絡を取るための機能(たとえばメール、掲示板への投稿、日記へのコメントなど)を利用しようとした場合に、要求されるケースが多いです。

PCMAXでも、年齢確認を行わなくても女性のプロフィール検索や、女性の日記を読むくらいはできます。そこから、その女性に連絡しようと思うなら、年齢確認を行う必要があります。

まとめ

今回の記事では、出会い系サイト規制法や年齢確認について掘り下げて説明してみました。

【まとめ】

出会い系サイト規制法を遵守している出会い系には、年齢確認(年齢認証)がある。
→年齢確認のない出会い系サイトは、法律を遵守する気のないサイト。悪質な可能性大。

・年齢確認はクレカ身分証明書で行う。
→これも出会い系サイト規制法の施行規則で定められています。

・年齢確認は、登録後に一部機能(異性と連絡を取るための機能など)を利用しようとした場合に求められる。
→たとえばPCMAXの場合、年齢確認を行わなくてもプロフィール検索や日記を読むくらいはできます。

こんな感じです。少しでも参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
ユースケ

ユースケ

当サイトの管理人。30代。PCMAXを長年愛用している。
おすすめの出会いアプリ

おすすめの出会いアプリ

【1位】 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
年間10億円以上の宣伝費が投入されており利用者が多い。イベントもよく開催されている

【2位】 ワクワクメール

知名度の高い大手老舗サイト。カップリングパーティも開催されている

【3位】 YYC(ワイワイシー)

国内大手のマッチングアプリ